スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年3月議会が始まります!

これから始まる3月議会の一般質問の中で、
今回のKDDIの建築計画について
2人の議員さんが質問をしてくれることになりました。

一緒に傍聴に行きませんか?!

● 民主党・生方裕一議員
  3月3日(水)10時~11時

● こぶしの木・上村和子議員
  3月5日(金)13時15分~14時15分

スポンサーサイト

国立市開発行為指導要綱はこうなっていた

指導要綱が私たち市民にとって、とても大切なものだということがわかった。


国立市開発行為指導要綱
(国立市ホームページにとびます。)

注目すべきはこちら!
第2条(6)
 携帯電話の中継施設等で電磁波等を発生するもの

第5条3(説明会等の実施)
 第2条第1項6号に規定する事業を行う事業者は、当該施設から水平距離で当該施設の高さ(当該施設を設置する地盤面からの高さをいう。)の2倍の範囲内における土地、建物の権利者及び居住する者に対して、当該施設等の設置に係る計画の内容について説明会等の方法で説明し、紛争が生じないように努めなければならない。
(下線は管理人)

どうして「高さの2倍」なのかと言うと
万が一倒壊した時に、影響が出ると考えられる範囲なんですって。

でもでも、それだと
電磁波が飛ぶ約400メートルの範囲の市民には何も知らせないまま、
携帯基地局を建ててもいいということになる。
それってどうなんだろう?
24時間・365日、基地局がある限り電磁波を浴びるのに
建築計画さえ知らされないって…

携帯事業者にとっては、うるさいこと言われないで
こそっと建設できるという点では、とっても好都合な要綱なんでしょうケドね。




都市計画課でいただいた指導要綱の表紙には、平成21年4月1日の文字が…。
去年の日付です。
と、いうことは・・・、それ以前はどんな風になっていたんだろう。
調べてみよう。

KDDI・携帯基地局 住民説明会開催のお知らせ


■日時 2010年3月6日(土)19時~
■場所 国立市福祉会館 講座室


KDDIから2月4日~6日にかけて、近隣のごく一部の住民に対してだけ携帯基地局設置工事の通知がありました。マンションの屋上に800メガヘルツと2ギガヘルツの共用アンテナ(地上から21メートル)を設置するというもので、4月1日着工予定という大変急なお話です。
この地域はすでに高圧電線が通っています。近くに保育園、幼児教室、小学校、学童保育所、中学校、高校、福祉専門学校もある住宅密集地の中に、また新たに強い電磁波を発する基地局の建設計画があるのです。携帯基地局からの電磁波は、アンテナ近くより半径200~300メートル付近で一番強くなることがわかっています。

最近では電磁波過敏症(電磁波が原因の頭痛、胸痛、疲労、不眠など)や小児白血病の発症リスク増大の指摘もあるそうですが、私たち住民は携帯基地局や電磁波についての知識はおろか、体への影響の有無さえよく知りません。
気にしないことにできれば本当に気が楽ですが、基地局の稼働後にもし健康上の問題が起きた場合は医療費はどうなるのか・住宅資産価値は下がると聞きますが、何かしらの保障はあるのか・問題が生じた場合は撤去して貰えるのか、など聞きたいことがたくさんあります。

説明会ではKDDIと指定工事会社の担当者が参加されます。
計画の詳細や電磁波の人体への影響などを説明いただきます。
ご近所の皆さまでお誘い合わせの上、どうぞご参加ください。

周辺住民の会、結成!!!

ここのところ、ご近所さんと道で会えば情報交換会。
やっぱりみんな心配なんだ…。
KDDIの「建築計画のお知らせ」の文面が上から目線で失礼だと言う方も・・・
あはは。確かにねぇ。
でもきっと自覚が無いから書けちゃうんだと思いますよ?
(これ、載せたらKDDIに怒られるかな。Upしたいな~。)

なにはともあれ、建設についての情報交換と意見交換は必要だということになり、
今夜話し合いの場を持った。
そして  なんとなんと!
電磁波と環境を考えるくにたち市民の会」を結成!!
すごいぞ、私たち!(自画自賛)

KDDIに住民説明会を求めることを確認し、
これからビラの作成&配布をすることに。

忙しくなりそう。。。

市役所に行ってみた

国立市役所の都市計画課に行ってきた。
携帯基地局の建築条件とか、建設の許可とか、説明会のこととか、とにかく何にもわからない。
窓口で、事情をお話したら
【国立市開発行為等指導要綱】を説明してくれた.

そしたら、建設計画の周知は
「当該施設の高さの2倍の範囲」でいいんですって。
だから今回の場合は43メートル!
ううう・・・マンションからほんの数軒先まででいいのかぁ。

要綱がそうなっていたから、KDDIがごく近所しか回らなかったのは
理解したけど、
でもでもやっぱり・・・納得できないなぁ。
電磁波はもっと遠くに飛ぶんだよ~!?





KDDIに聞きたいのに・・・

詳しいことを聞きたくて、ポストに入っていた「携帯電話基地局建設計画のお知らせ」を引っ張り出してみた。KDDIの基地局なのに、「指定工事会社」の会社名とその連絡先しか明記されていない。
周辺住民への説明を含めた建設工事を、その指定工事会社が請け負ってるってことなんだと思うけれど・・・。
結局、その指定工事会社の担当者の方が「KDDIには伝えます。窓口はこちらです。」って。

でもKDDIの基地局なのに、KDDIの連絡先を載せないなんてちょっと変だと思いませんか?
KDDIの誠意が感じられない。

建築計画のお知らせ

2月6日、私の家のポストに建設計画のお知らせが入った。
でも配布したのは、建設予定マンションの2軒隣り位までらしい。
5~6軒先に住んでいる友人にメールしたら
「そんなお知らせは見なかったよ~」とのことだった。

電磁波ってもっと遠くまで飛ぶよね?
なんでなんだろう?

それにしても、携帯基地局って何?!
ちょっと怖そうだな。
ここは東京電力の高圧電線がすぐ近くに通っていて
それだけでもなんとなく心配なのに、大丈夫なのかしら。

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © 携帯基地局は必要ですか?~国立市富士見台3丁目・KDDI携帯基地局建築計画を考える All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。